2018/06/16

群発頭痛になりやすい人は性格が関係する?原因も調べてみた!

 

この記事を書いている人 - WRITER -

あまりにも強過ぎる頭痛として有名な群発頭痛。あまりにも痛い頭痛の為「自殺頭痛」とも言われます。

これほど痛みが強い群発頭痛になれば「本当に自分でどうにかしたい!」と考えるでしょう。しかし、自分でどうにかするには、あなたが群発頭痛になる原因や症状について知る必要があります。

これらを知ることで群発頭痛の苦しみから少しでも逃れられれば理想ですよね。

この記事を読むことで、群発頭痛の症状や原因・なりやすい性格を知ることができ、痛みを抑えることができます。

 

 

群発頭痛とは?

まず群発頭痛がどのような頭痛かというと・・・・

群発頭痛は20~40歳代の働き盛りの男性に多く、女性の4~5倍多いと言われでいます。その理由は今のところはっきりしていません。

春先や秋口など季節の変わり目に多く夏に起こる事は少ないと言われ、発症する人の割合は人口の0.056%~0.4%程度で1,000人に1人程度とされていて、まれな病気です。

有名な偏頭痛や緊張性頭痛などの慢性頭痛の中で、圧倒的に1番強い痛みを発症します。

激しい頭痛は1~2ヶ月の間ほぼ毎日1日に1~2回起こり、1回の痛みは15分~3時間続き毎日ほとんど同じ時刻に痛み出し、自然と痛みが引くことも多いのも特徴です。

毎日続けて就寝して2時間ほど 又は 夜間~明け方のほぼ決まった時間に激しい頭痛が襲ってくるので、眠ること自体を恐怖に感じている患者さんも多くみられます。

痛みがなくなったと思ったら短くて半年・長くても2~3年すると再び同じような激しい頭痛に見舞われます。

頭痛の起こっている期間のことを「群発期」と呼び、群発期を過ぎると治療しなくても自然に頭痛がなくなる期間を「寛解期」と呼びます。

書いているだけで気分が滅入ります。。。

⇒日本人の頭痛の原因1位の緊張性頭痛の原因や治し方についてはコチラ

 

 

こういう症状が出たらご用心

群発頭痛は他の頭痛とは違い、特徴的な症状があります。今から紹介するような症状の場合は、お医者さんに相談しましょう。

 

激しすぎる痛み

何と言っても1番の特徴と悩みどころではないでしょうか。

群発頭痛になった人は「目の奥が抉られる痛み」「きりで刺されるような痛み」と表現します。それほどに耐えられないほどの痛みだということです。

あまりに痛すぎるのでジッとしていることができずに
動き回る
頭を壁に打ちつける
大声で泣き叫けぶ
自分で頭をガンガン叩く など

どうにか少しでも痛みを和らげようとします。

私の友達も群発頭痛がありますが、机に顔を伏せて「あぁあぁぁあぁぁ~~」と叫んでいるようです。痛みのイメージ的には画像の8倍は痛いとか。

動くことで静脈洞というところに溜まった血液が分散しさせ、腫れが引き痛みが和らぐためではないかとも考えられています。

 

目に充血や赤面

群発性頭痛により目の奥にある内頸動脈が腫れて、痛み出すことで目の充血を起こります。友達の発作の時は痛すぎて泣いているものなのかと思ってました。

目だけではなく、顔全体が赤くなる人も多くいます。

 

鼻水や汗が出る

目の奥にある内頸動脈が腫れると自律神経が刺激され、涙と一緒に汗や鼻水が出ることがあります。

頭痛が頭の片方だけに起こっている場合は、痛んでいる側だけ涙や汗、鼻水が出ます。

友達も鼻水が出ていましたが、鼻をかむたびに頭痛が一瞬増して煩わしいようです。

 

首に激しい痛み

これは頭痛専門の整体院のブログなどを見てみると、群発頭痛の患者さんの共通点のようです。

普通の首こりとちがって、左右に向いたり、上下に向いただけで激痛が走ったりする患者さんが多いようです。

これは頭痛専門のサイトにも記載されていない事だったので意外でした。

⇒肩こりからくる頭痛に即効く治し方についてはコチラ

 

 

なりやすい人の性格

群発頭痛になりやすい人は性格に特徴があるのかというと、一説には性格的に几帳面で実力があり、スキルが高い起業家が多いとのことです。

几帳面で起業家ということは、相当なストレスを抱える人も多いでしょう。群発頭痛に限らず頭痛にはストレスが引き金で起こることが少なくありません。

友達は起業家ではなく普通のサラリーマンですが、確かに実力があり重要な仕事を任されると同時に、後輩の育成も任されることが多い立場にあります。

性格が悪いというわけではありませんが、言われてみるとよくイライラしたり悩んでいることが多いように感じます。

そう考えると、起業家に限らず中間管理職で上司と部下に板挟みになっている人や、ストレスが多いと言われる教職の人も群発頭痛になりやすいのではないでしょうか。

ただ、明確な答えは科学的に出ていません。「もしかしたら」という話しです。

 

 

原因

実際のところ群発頭痛のハッキリとした原因はまだ分かっていません。しかし「これが原因ではないか」と言われるくらいまでは原因が絞られてきてはいます。

 

体内時計が狂う

「体内時計が狂う=ホルモンの分泌が関係しているのではないか」ということは前々から言われていました。

セロトニン
睡眠や食欲に大きく関係してストレスのイライラを抑えて、心身の健康を保とうとするホルモンです。「幸せホルモン」と呼ばれ、不足するとうつ病や不眠症になりやすいと言われています。

視床下部
視床下部は自律神経・内分泌・摂食欲求・のどの渇き・性ホルモン・感情・睡眠と覚醒などを調節する組織です。

 

このセロトニンと視床下部の分泌が異常を起こし、体内時計が狂うことで睡眠不足に陥って群発頭痛を引き起こすのではないかと考えられています。

この2つともストレスと睡眠には大きく関係してきます。しかし、これらはあくまで可能性の話しでエビデンスが存在せず立証されていません。

⇒睡眠の質を上げる食べものについてはコチラ

 

お酒

群発頭痛ではアルコールがほぼ100%の確率で発作の引き金になることが分かっています。痛みが出やすい群発期の飲酒では、飲み始めてから40分~1時間ほどで発作があらわれやすいと言われています。

どんなにお酒好きの人でも、群発期はアルコールを避けましょう。お酒だけではなく、タバコも引き金の1つです。

群発期を過ぎて寛解期になれば、お酒やタバコを嗜んでも頭痛は起きないので寛解期までは我慢が必要になります。

 

ニトログリセリン

ニトログリセリンはダイナマイトの原料として有名ですが、現代では狭心症や心筋梗塞の治療薬として使用されます。

胸が苦しくなる発作が起きた時に舌の裏で溶かすことで、粘膜から吸収されて血管が広がり血流が改善されて発作を抑えてくれます。まれに立ったまま服用すると、めまいがするほどの副作用があります。

狭心症の特効薬でもありますが、血流が改善することで群発頭痛の引き金になると言われています。

あくまで群発頭痛になる人のことです。ニトログリセリンが悪いということではありませんし、狭心症の発作には素晴らしい効果を発揮する薬です。

 

入浴

入浴もニトログリセリン同様に、血管が拡張し頭痛が起きる原因や痛みを増す原因になるとされています。

群発期はシャワーのみにして、湯船に浸からないようにしましょう。

 

気圧の変化

気圧の急激な変化は血管を拡張させたり、神経を刺激するなど人体に影響を及ぼすことで群発頭痛の引き金になります。登山や飛行機に乗る場合は、医師に相談することが必要です。

個人差はあると思いますが、梅雨の時期や天気が大きく変わるときに発作が起きないとも限らないように感じます。

⇒群発頭痛が出た時に効果的なツボや薬で対処する方法についてはコチラ!

 

 

まとめ

群発頭痛になりやすい人の性格や原因についてでした。

調べてみると、ストレスや睡眠不足が大きく関係しているように感じます。原因がハッキリ分かっていなくても、ストレス解消と規則正しい生活が重要なようです。

この記事を書いている人 - WRITER -
 

Copyright© ほねこり.com , 2018 All Rights Reserved.