【悲報】関節痛にグルコサミンは効果がないことが判明!その理由とは

 

この記事を書いている人 - WRITER -

「膝が痛むからグルコサミンを飲みたいけど効果があるのかな?知りたい」

あなたは今、このようにお考えではありませんか?

 

そんなあなたに悲報です!!

「グルコサミンには関節痛を和らげる効果が全くない」

この記事を読めばそのことがよく分かります。

 

確かに、過去には「グルコサミンは膝や股関節などの関節痛に効果的である」という論文の発表されており、CMでもドラッグストアでもサプリメントが多く紹介・販売されています。

しかし、グルコサミンの効果が疑問視され、改めて検証・実験がなされた結果「グルコサミンは関節痛に対して何も効果がない」とされる論文が発表されたのです。

 

グルコサミンって何?

グルコサミンて膝の痛みに効くイメージがありますよね。そう、イメージは・・・・

「じゃあ、グルコサミンってなんで膝の痛みに良いの?」って聞かれた時に、答えられない人がほとんどですよね。

 

グルコサミンは糖質とタンパク質が結合した物質で「糖鎖」と言われます。

ちなみに、関節の痛みに聞くとされるヒアルロン酸やコンドロイチンも糖鎖で、ぬるぬるとした野菜である、おくら・なめこ・里芋などのぬるぬるした成分も糖鎖の一種なんです。

 

グルコサミンは関節内だけではなく血管の内面にも存在しており、潤滑油や接着剤のような役割を果たすだけでなく、複雑な情報すらも伝達されるとされています。

今のところはされているだけで、分からないこともたくさんあるものです。

 

つまり、グルコサミンは「関節の中や血管内に存在して、スムーズに動かしたり・引っ付いたり・情報を伝える役割がありそうなもの。不明なこともあるけどね。」簡単に言ってしまえばこのようなものです。

 

私も整骨院で患者さんの治療にあたっていた時は「グルコサミンを飲んだら痛みは無くなりますか?」という質問を何度も受けました。

私は決まって「効果がない!」と説明していたので、今回の結果は「ようやく真実が明るみになった」って感じで嬉しいです(笑)

 

 

特定保健用食品(トクホ)と機能性表示食品

最近ジュースやサプリメントなどに「トクホ(特定保健用食品)」「機能性表示食品」ということをCMや商品のパッケージに書いてアピールしてますね。

トクホも機能性表示食品も同じに考えている人も多いことでしょう。

 

トクホの場合、その商品を国が審査して許可が下りれば表記することが許されます。

しかし、機能性表示食品は商品を販売する企業が科学的根拠に基づいて機能を検査し、消費者庁に届ければ販売することができます。

 

つまり、機能性表示食品は販売する企業が勝手に表記できるのでしょうか・・・「勝手に書いちゃってイイんだ」ってなりました(笑)

 

 

効果があるとされた理由?

グルコサミンの研究が盛んになった経緯は、関節内にグルコサミンが多く存在していることが判明し、薬やサプリメントとして外部から補給することで「関節の老化防止に予防に役に立つのではないか?」と考えられたからです。

 

そして、考え通りグルコサミンを研究したチームや組織からは、次々と「グルコサミンは関節の痛みに効果がある」とされる論文が発表され、グルコサミンはサプリメントとして各企業から販売され大人気になりました。

 

しかし、「グルコサミンは関節の痛みに効果がある」とされる論文を発表したのは、サプリメントを製造・販売している企業から研究費を受け取っている大学の研究者によって発表されたものばかりでした。

もうこれは「お金あげるからグルコサミンが関節痛に効果的ってことにしてね」って言われたのではないかという疑いが晴れませんね。

 

 

本当に検証した結果

「グルコサミンは関節の痛みに効果がある」とされた代表的な論文の検証方法はボランティア100人に対して8週間の追跡調査のみ。

ボランティアってところも「?」ってなりますが、8週間の追跡調査は短すぎます!!

 

さて、サプリメントの効果を正しく検証するには、協力者を公平に2つのグループに分け、一方のグループに本物を、また他方には偽物(プラセボ)をそれぞれ服用してもらい、一定の年月が経った後で効果を比べてみるしかありません。これは「ランダム化比較試験」と呼ばれます。

【中略】

(膝や股関節の)変形性関節症と診断された人たちを対象に、ランダム化比較試験が正しく行われたと判断される6つの論文をまず厳選しました。そのなかから、3カ月まで追跡したデータと、2年間にわたって追跡したデータとをそれぞれ別々に集計し、関節の痛みや動きを改善する効果があったかどうかを比べたのです。

参考:Business Journal

このようにランダム比較試験をした結果「グルコサミンは関節痛に何ら効果がない」ということが判明しました。

 

 

しかし、アメリカの論文では

変形性関節症の患者を対象にして、関節の痛みが和らいだかどうかについて、ランダム化比較試験が行われた論文を集計したものです。同一の基準で論文を厳選したところ、15編が残ったそうです。興味深いのは、サプリメントを製造している会社がスポンサーになっていたかどうかで、結果を2つに分けて集計していた点です。会社がスポンサーになっていた論文は11編、スポンサーがついていない論文は4編でした。

参考:Business Journal

 

スポンサーありの論文11編は「グルコサミンのサプリメントに効果あり」とされているのに対し、スポンサーなしの論文は「グルコサミンのサプリメントに効果なし」と結論付けられています。

 

もうこれは『お金もらったら効果あり』で『お金もらわなかったら効果なし』なので、「どっちが信じられる?」と聞かれるとスポンサーなしの論文ですね!!

 

 

【簡単】自分でできる膝痛解消法

新潟大学名誉教授である岡田正彦教授は

グルコサミンに限らず、健康上のなんらかの効果が科学的に証明されたサプリメントは、この世にひとつも存在しない

参考:Business Journal

このように述べています。

 

私自身もサプリメントの効果なんて信じてはいませんし、おすすめできないので、整骨院時代に患者さんに実際に教えていた「膝が痛い時の自分でできる対処法」を紹介したいと思います。

 

動ける範囲で動く

これが1番大事だと感じます!!

膝が痛いと動きたくないし「痛みが取れてきたら動いてみよう」と思われるかもしれませんが、動かないと膝は痛いままばかりか悪化する恐れがあります。

 

動かなければ膝の関節・筋肉・靭帯などの組織が硬くなって動きが悪くなり、足の筋力も落ちてきてしまいます。

わざわざ膝が痛いのに無理して運動することはないですが、できるだけ動かせる範囲で動かすことが重要です。

 

整骨院でも「できるだけ動いてね」と言っても、痛めることを心配し過ぎて動かなかった人は痛みは取れませんでしたが、「痛くても仕事があるから動かないと仕方ない」って人ほど案外早く痛みが改善するものです。

 

温める

膝に筋力もあり膝に変形も見られない、なのに膝に痛みを訴える人もいます。

このような人は熱が足りずに膝の血流が悪くなったり・組織が硬まっている可能性があるので温めてあげましょう!

膝を締め付けないサポーターなどを付けるだけで十分です。

逆に締め付けるサポーターは血流を遮って、冷えを悪化させる恐れがあるので避けた方が良いでしょう。

 

ストレッチ

膝が痛む場合でも曲げる動作はある程度するのに、伸ばす動作は全然しなくなります。

そうなると膝の裏側のスジが硬くなり、歩いたときや階段の上り下りで痛みが出やすくなるので、膝の裏を伸ばすストレッチを行いましょう。

 

椅子に浅く座って膝を前に伸ばして、膝のお皿の上に両手を当てます。

 

下(地面)に向けて5秒かけてゆっくりと体重をかけていき、膝の裏を伸ばします。
*ピンッと伸ばす時間は1~2秒ほど

5秒経ったらゆっくりと元に戻します

 

10回を1セットとして1日に5~6セットすることで、膝の裏のスジが伸ばされて歩きや階段の上り下りでも痛みが出にくくなります。

 

 

まとめ

グルコサミンは関節痛に効果がないということと、自分でできる膝が痛い時の対処法でした。

新潟大学の岡田教授が仰られている通り、未だに確実に効果があるとされるサプリメントはないと思っていますので、患者さん・家族や友人にサプリメントをすすめたことは1度もありません。

効果のないサプリよりも、自分で出来る範囲で動いたり・ストレッチすることの方が痛みを取るには効果的だと自信を持って言えます。

この記事を書いている人 - WRITER -
 

  関連記事 - Related Posts -

関連記事はありませんでした

 

  最新記事 - New Posts -

 

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© ほねこり.com , 2018 All Rights Reserved.